国立循環器病研究センターの研究活動・成果

バイオリソースを活用した共同研究実績

共同研究実績 平成27年4月1日調査時点 平成28年4月1日調査時点 平成29年4月1日調査時点
共同研究実施件数 22 22 25
共同研究機関数 企業 6 6 6
大学 72 72 75
その他 26 26 26

研究概要例

研究成果_循環器病研究センター1
研究成果_循環器病研究センター1
研究成果_循環器病研究センター1
研究成果_循環器病研究センター1

ページトップへ

バイオリソースを活用した研究成果(平成22年度以降、原著論文)

2016年
No.論文名、演題名等著者、発表者等掲載誌、学会等成果又は特記事項
1Novel Bivalent 99mTc-Complex with N-Methyl-Substituted Hydroxamamide as 1 Probe for Imaging of Cerebral Amyloid Angiopathy.
Iikuni S, Ono M, Watanabe H, Yoshimura M, Ishibashi-Ueda H, Ihara M, Saji H.
PLoS One. 11(9):e0163969. 2016.脳アミロイド血管症において新規プローブの有用性を示した。

原著論文トップへ

2015年
No.論文名、演題名等著者、発表者等掲載誌、学会等成果又は特記事項
1Efficacy and safety of flecainide for ventricular arrhythmias in patients with Andersen-Tawil syndrome with KCNJ2 mutations.
Miyamoto K, Aiba T, Kimura H, Hayashi H, Ohno S, Yasuoka C, Tanioka Y, et al.
Heart Rhythm. 12(3):596-603. 2015.KCNJ2の遺伝子変異を有する Andersen-Tawil 症候群の患者の心室性不整脈をフレカナイドが安全に抑えることが明らかとなった。
2A novel cardiac ryanodine receptor gene (RyR2) mutation in an athlete with aborted sudden cardiac death: a case of adult-onset catecholaminergic polymorphic ventricular tachycardia.
Arakawa J, Hamabe A, Aiba T, Nagai T, Yoshida M, Touya T, Ishigami N, et al.
Heart Vessels. 30(6):835-40. 2015.成人発症のカテコラミン誘発性多形性心室細動と胎児突然死を有するRyR2遺伝子変異の症例を報告した。

原著論文トップへ

2014年
No.論文名、演題名等著者、発表者等掲載誌、学会等成果又は特記事項
1Novel calmodulin mutations associated with congenital arrhythmia susceptibility.
Makita N, Yagihara N, Crotti L, Johnson CN, Beckmann BM, Roh MS, Shigemizu D, et al.
Circ Cardiovasc Genet. 7(4):466-74. 2014.カルモヂュリン2の遺伝子変異はQT延長症候群とカテコラミン誘発性多形性心室細動に関連することを明らかにした。

原著論文トップへ

2013年
No.論文名、演題名等著者、発表者等掲載誌、学会等成果又は特記事項
1Familial hypercholesterolemia with multiple large tendinous xanthomas and advanced coronary artery atherosclerosis.
Terasaki F, Morita H, Harada-Shiba M, Ohta N, Otsuka K, Nogi S, Miyamura M, et al.
Intern Med. 52(5):577-81. 2013.重症冠動脈硬化症の遺伝子検索を行いその病態を提示した。
2Direct comparison of the diagnostic capability of cardiac magnetic resonance and endomyocardial biopsy in patients with heart failure.
Yoshida A, Ishibashi-Ueda H, Yamada N, Kanzaki H, Hasegawa T, Takahama H, Amaki M, et al.
Eur J Heart Fail 15(2): 166-175. 2013.アーカイブ化された心筋生検材料の診断と、MRI,エコーの診断を比較して、診断の精度を検討した。

原著論文トップへ

2012年
No.論文名、演題名等著者、発表者等掲載誌、学会等成果又は特記事項
1Relation between serum total cholesterol level and cardiovascular disease stratified by sex and age group: a pooled analysis of 65 594 individuals from 10 cohort studies in Japan.
Nagasawa SY, Okamura T, Iso H, Tamakoshi A, Yamada M, Watanabe M, Murakami Y, et al.
J Am Heart Assoc. 1(5):e001974. 2012.多施設コホート研究で血清コレステロール値と冠動脈疾患との関連を明らかにした。
2CDH13 Gene Coding T-Cadherin Influences Variations in Plasma Adiponectin Levels in the Japanese Population.
Morisaki H, Yamanaka I, Iwai N, Miyamoto Y, Kokubo Y, Okamura T, Okayama A, et al.
Hum Mutat. 33(2):402-10. 2012.蓄積された住民コホートのゲノムサンプルを用い、メタボリックシンドロームに重要な役割をもつアディポネクチンの濃度に影響する新たな分子を同定した。
3Effects of Voglibose and Nateglinide on Glycemic Status and Coronary Atherosclerosis in Early-Stage Diabetic Patients.
Kataoka Y, Yasuda S, Miyamoto Y, Sase K, Kosuge M, Kimura K, Yoshimasa Y, et al.
Circ J. 76(3):712-20. 2012.介入研究により耐糖能異常と冠動脈病変の進展について明らかにした。
4Prospective study on waist circumference and risk of all-cause and cardiovascular mortality.
Saito I, Kokubo Y, Kiyohara Y, Doi Y, Saitoh S, Ohnishi H, Miyamoto Y.
Circ J. 76(12):2867-74. 2012.蓄積された住民コホートから冠動脈疾患や脳卒中の発症リスクとしての腹囲の意義を明らかにした。
5Defining Patients at Extremely High Risk for Coronary Artery Disease in Heterozygous Familial Hypercholesterolemia.
Sugisawa T, Okamura T, Makino H, Watanabe M, Kishimoto I, Miyamoto Y, Iwamoto N, et al.
J Atheroscler Thromb. 19(4):369-75. 2012.家族性高コレステロール血症の冠動脈疾患リスクについて患者ゲノムと臨床情報を用いて明らかにした。
6Does high-sensitivity C-reactive protein or low-density lipoprotein cholesterol show a stronger relationship with the cardio-ankle vascular index in healthy community dwellers?: the KOBE study.
Higashiyama A, Wakabayashi I, Kubota Y, Adachi Y, Hayashibe A, Nishimura K, Sugiyama D, et al.
J Atheroscler Thromb. 19(11):1027-34. 2012.蓄積された住民コホートからABIと高感度CRPの関連を明らかにした。
7Impact of diabetes mellitus on outcomes in Japanese patients undergoing coronary artery bypass grafting.
Minakata K, Bando K, Takanashi S, Konishi H, Miyamoto Y, Ueshima K, Sato T, et al.
J Cardiol. 59(3):275-284. 2012.冠動脈バイパス術前後の血糖コントロール状態と予後について多施設共同研究で明らかにした。

原著論文トップへ

2011年
No.論文名、演題名等著者、発表者等掲載誌、学会等成果又は特記事項
1Increased expression of macrophage-inducible C-type lectin in adipose tissue of obese mice and humans.
Ichioka M, Suganami T, Tsuda N, Shirakawa I, Hirata Y, Satoh-Asahara N, Shimoda Y, et al.
Diabetes. 60(3):819-26. 2011.脂肪組織の慢性炎症に関わるキー分子を明らかにした。
2Serum 1,5-anhydro-D-glucitol levels predict first-ever cardiovascular disease: an 11-year population-based cohort study in Japan, the Suita study.
Watanabe M, Kokubo Y, Higashiyama A, Ono Y, Miyamoto Y, Okamura T.
Atherosclerosis. 216(2):477-83. 2011.蓄積された住民コホートの血液サンプルを用い、糖尿病の発症を予測するバイオマーカーの検討を行った。
3A revised definition of the metabolic syndrome predicts coronary artery disease and ischemic stroke after adjusting for low density lipoprotein cholesterol in a 13-year cohort study of Japanese: the Suita study.
Okamura T, Kokubo Y, Watanabe M, Higashiyama A, Ono Y, Nishimura K, Okayama A, et al.
Atherosclerosis. 217(1):201-6. 2011.蓄積された住民コホートから冠動脈疾患や脳卒中の発症リスクとしてのメタボリックシンドロームの意義を明らかにした。
4 Association with serum gamma-glutamyltransferase levels and alcohol consumption on stroke and coronary artery disease: the Suita study.
Higashiyama A, Wakabayashi I, Ono Y, Watanabe M, Kokubo Y, Okayama A, Miyamoto Y, et al.
Stroke. 42(6):1764-7. 2011.蓄積された住民コホートから冠動脈疾患の発症リスクとしての飲酒と肝障害の意義を明らかにした。
5Histopathological multiple recanalized lesion is critical element of outcome after pulmonary thromboendarterectomy.
Hosokawa K, Ishibashi-Ueda H, Kishi T, Nakanishi N, Kyotani S, Ogino H.
Int Heart 52(6):377-381. 2011.肺動脈血栓塞栓症で摘出されアーカイブ化された肺動脈内膜について術後の肺動脈圧改善因子と予後規定因子について検討した。
6Correlation of thin ibrous cap possessing adipophilin-positive macrophages and intraplaque hemorrhage with high clinical risk for carotid endarterectomy.
Hao H, Iihara K, Ishibashi-Ueda H, Saito F, Hirota S.
J Neurosurg. 114(4):1080-1087. 2011.頸動脈内膜剥離術により得たアーカイブ化された病理組織について、マクロファージの役割を組織学的に検討した。
7Histologic characterization of mobile and nonmobile carotid plaques detected with ultrasound imaging.
Funaki T, Iihara K, Miyamoto S, Nagatsuka K, Hishikawa T, Ishibashi-Ueda H.
J Vasc Surg. 53(4):977-983. 2011.頸動脈内膜剥離術により得た病理材料をアーカイブ化し、頸部血管エコーイメージと比較した。

原著論文トップへ

2010年
No.論文名、演題名等著者、発表者等掲載誌、学会等成果又は特記事項
1Heart rate-dependent variability of cardiac events in type 2 congenital long-QT syndrome.
Nagaoka I, Shimizu W, Mizusawa Y, Sakaguchi T, Itoh H, Ohno S, Makiyama T, et al.
Europace. 12(11):1623-9. 2010.LQT2における遺伝子異常と心イベントについて明らかにした。
2The combined impact of blood pressure category and glucose abnormality on the incidence of cardiovascular diseases in a Japanese urban cohort: the Suita Study.
Kokubo Y, Okamura T, Watanabe M, Higashiyama A, Ono Y, Miyamoto Y, Furukawa Y, et al.
Hypertension Research. 33(12):1238-43. 2010.蓄積された住民コホートから冠動脈疾患や脳卒中の発症リスクとしての血圧と血糖値の意義を明らかにした。
3Long QT syndrome with compound mutations is associated with a more severe phenotype: A Japanese multicenter study.
Itoh H, Shimizu W, Hayashi K, Yamagata K, Sakaguchi T, Ohno S, Makiyama T, et al.
Heart Rhythm. 7(10):1411-8. 2010.不整脈疾患の患者DNAを用いて病気の重症度が遺伝子型に関係することを明らかにした。
4 A Genetic Link between Obesity and MMP14-Dependent Adipogenic Collagen Turnover.
Chun TH, Inoue M, Morisaki H, Yamanaka I, Miyamoto Y, Okamura T, Sato-Kusubata K, et al.
Diabetes. 59(10):2484-94. 2010.脂肪細胞における細胞外基質の病的意義を明らかにした。
5Effect of exercise intervention on endothelial function and incidence of cardiovascular disease in patients with type 2 diabetes.
Okada S, Hiuge A, Makino H, Nagumo A, Takaki H, Konishi H, Goto Y, et al.
J Atheroscler Thromb. 17(8):828-33. 2010.糖尿病患者の運動量と内皮機能の関係について明らかにした。
6Visceral fat is negatively associated with B-type natriuretic peptide levels in patients with advanced type 2 diabetes.
Sugisawa T, Kishimoto I, Kokubo Y, Nagumo A, Makino H, Miyamoto Y, Yoshimasa Y.
Diabetes Res Clin Pract. 89(2):174-80. 2010.2型糖尿病患者における内蔵脂肪蓄積とBNPとの関連を明らかにした。
7Association of plasma B-type natriuretic peptide levels with obesity in a general urban Japanese population: the Suita Study.
Sugisawa T, Kishimoto I, Kokubo Y, Makino H, Miyamoto Y, Yoshimasa Y.
Endocr J. 57(8):727-33. 2010.一般集団においてBNPと肥満との関連を明らかにした。
8Impact of statin treatment on the clinical fate of heterozygous familial hypercholesterolemia.
Harada-Shiba M, Sugisawa T, Makino H, Abe M, Tushima M, Yoshimasa Y, Yamashita T, et al.
J Atheroscler Thromb. 17(7):667-74. 2010.患者臨床データとゲノム情報を用いて家族精巧コレステロール血症患者の治療指針をのエビデンスを作成した。
9An international compendium of mutations in the SCN5A-encoded cardiac sodium channel in patients referred for Brugada syndrome genetic testing.
Kapplinger JD, Tester DJ, Alders M, Benito B, Berthet M, Brugada J, Brugada P, et al.
Heart Rhythm. 7(1): 34-46. 2010.国際登録研究に参加し遺伝性不整脈の遺伝子診断の意義を明らかにした。
10A novel Thr56Met mutation of the autosomal recessive hypercholesterolemia gene associated with hypercholesterolemia.
Harada K, Miyamoto Y, Morisaki H, Ohta N, Yamanaka I, Kokubo Y, Makino H, et al.
J Atheroscler Thromb. 17(2):131-140. 2010.家族性高コレステロール血症の原因遺伝子を患者ゲノムと臨床情報を用いて明らかにした。
11KCNE2 modulation of Kv4.3 current and its potential role in fatal rhythm disorders.
Wu J, Shimizu W, Ding WG, Ohno S, Toyoda F, Itoh H, Zang WJ, et al.
Heart Rhythm. 7(2):199-205. 2010.遺伝性不整脈の原因遺伝子の病態生理を明らかにした。
12Triglycerides and non-high-density lipoprotein cholesterol and the incidence of cardiovascular disease in an urban Japanese cohort: the Suita study.
Okamura T, Kokubo Y, Watanabe M, Higashiyama A, Ono Y, Miyamoto Y, Yoshimasa Y, et al.
Atherosclerosis. 209(1):290-294. 2010.蓄積された住民コホートから冠動脈疾患や脳卒中の発症リスクとしての中性脂肪、non-HDLコレステロールの意義を明らかにした。
13LOX Index, a Novel Predictive Biochemical Marker for Coronary Heart Disease and Stroke
Inoue N, Okamura T, Kokubo Y, Fujita Y, Sato Y, Nakanishi M, Yanagida K, et al.
Clinical Chemistry 56(4): 550–558. 2010.蓄積された住民コホートの血液サンプルを用い、冠動脈疾患や脳卒中の発症を予測する新たなバイオマーカーの検討を行った。
14Assessment of necrotic core with intraplaque hemorrhage in atherosclerotic carotid artery plaque by MR imaging with 3D gradient-echo sequence in patients with high-grade stenosis.
Hishikawa T, Iihara K, Yamada N, Ishibashi-Ueda H, Miyamoto S.
J Neurosurg. 113(4): 890-896. 2010.頸動脈内膜剥離術により得た病理材料をアーカイブ化し、MRIイメージと比較した。

原著論文トップへ

ページトップへ