Summary

Scand J Rheumatol. 2017 Sep;46(5):416-417. doi: 10.1080/03009742.2016.1258730. Epub 2017 Jan 9.

What is the third serological marker associated with immune-mediated necrotizing myopathy?

Abstract:

日本語要旨:

抗SRP抗体および抗HMGCR抗体が陰性で、抗ミトコンドリアM2抗体および抗RuvBL1/2抗体が陽性の免疫介在性壊死性ミオパチーの80歳女性例を報告した。抗ミトコンドリアM2抗体または抗RuvBL1/2抗体は、免疫介在性壊死性ミオパチーと関連する第3の自己抗体の可能性がある。

DOI:  28067601

前ページへ戻る

PAGE TOP