バイオバンク試料

NCBNカタログデータベース

各ナショナルセンターで収集したバイオバンク試料を検索することができる「NCBNカタログデータベース(文字をクリックすればエントリーできます)」を作成しました。
データベースに登録されている情報は、同意に基づき提供を受けた新規試料・情報となります。

※本プロジェクト以前から個別研究において提供を受け、保有している試料に関しては以下のページをご覧ください。
個別研究において提供を受け、既に保有している試料・情報(既存試料)

収集予定リスト

本バイオバンク事業では、下の模式図に示すように、学術研究、創薬研究、新規診断法・個別化医療等の開発研究などのために収集された様々な生体由来試料を保管・管理し、共同研究等として有効に活用することを目指します。6つのNCは、主に担当する疾患が互いに異なり(がん、循環器疾患、精神・神経・筋疾患、感染症・代謝疾患・免疫異常症、成育疾患、老年病)、各々の専門性を生かしながら、高精度な臨床情報を備えた高品質の試料を収集しています。さらに、複数の機関横断的な収集が可能であり、比較的多数の国民の健康に影響を与える重点疾患として、①がん、②心血管病とその危険因子、③認知症、④アレルギー・免疫、の4群の検体収集に力を入れています。

各NCで保管・管理するアクセス可能な試料に関する情報は、「アクセス可能なカタログ」のページに記載してあります。

【バイオリソースの活用例】

アクセス可能なカタログ

下表は、各NCの保管・管理する生体(由来)試料と主軸研究に関する概観です。

  1. NCのコラムで各NCをクリックして頂くと、当該NCの推進するバイオバンク事業概要説明ページを閲覧できます。
  2. アクセスの欄をクリックして頂くと、当該NCの保管・管理する生体試料等へのアクセス(共同研究の可否など)に関する説明ページを閲覧できます。
NC 収集する主な生体試料 主軸研究(例) アクセス
がん研究センター 血液、病理凍結組織・パラフィン切片、
DNAなど
プロトコール/SOP:血液 | 組織
がんの基礎・臨床・公衆衛生・政策関連研究
循環器病研究センター 血液、尿、病理組織パラフィンブロックなど
プロトコール/SOP
NCVC病院コホート、トランスレーショナル・リサーチ
精神・神経医療研究センター 筋レポジトリー、剖検脳、血液、髄液など
プロトコール/SOP
精神/神経疾患、筋疾患、 発達障害の病因・病態研究
国際医療研究センター 血液、生検組織、DNAなど
プロトコール/SOP
感染症、代謝性疾患、免疫異常症におけるバイオマーカー・診断法の開発
成育医療研究センター 胎盤・肝組織、患者由来細胞、臍帯血など
プロトコール/SOP
小児難治性疾患の病態解明研究、出生コホート
長寿医療研究センター 血液、DNA、髄液など
プロトコール/SOP
認知症、老化による身体脆弱性・運動器疾患に関する研究

試料活用に関わる条件

本バイオバンク事業として、将来的には配布(分譲)についても検討をしておりますが、当面の間は、試料等の活用は検体を収集する各NCバイオバンクとの共同研究としてすすめられます。 共同研究の相談は各NCバイオバンクが主体的に行いますが、窓口として中央バイオバンク事務局にお問い合わせいただいてもかまいません。 研究用試料等の提供に関する契約書Material Transfer Agreements: MTAsおよび共同研究契約書はひな形を用意しております。 個別の共同研究に合わせて修正しご活用ください。

ページトップへ