Summary

Orphanet J Rare Dis. 2017 Aug 31;12(1):149. doi: 10.1186/s13023-017-0703-4.

Comprehensive analysis for genetic diagnosis of Dystrophinopathies in Japan.

Abstract:

BACKGROUND: Duchenne muscular dystrophy (DMD) is the most common disease in children caused by mutations in the DMD gene, and DMD and Becker muscular dystrophy (BMD) are collectively called dystrophinopathies. Dystrophinopathies show a complex mutation spectrum. The importance of mutation databases, with clinical phenotypes and protein studies of patients, is increasingly recognized as a reference for genetic diagnosis and for the development of gene therapy.
METHODS: We used the data from the Japanese Registry of Muscular Dystrophy (Remudy) compiled during from July 2009 to March 2017, and reviewed 1497 patients with dystrophinopathies.
RESULTS: The spectrum of identified mutations contained exon deletions (61%), exon duplications (13%), nonsense mutations (13%), small deletions (5%), small insertions (3%), splice-site mutations (4%), and missense mutations (1%). Exon deletions were found most frequently in the central hot spot region between exons 45-52 (42%), and most duplications were detected in the proximal hot spot region between exons 3-25 (47%). In the 371 patients harboring a small mutation, 194 mutations were reported and 187 mutations were unreported.
CONCLUSIONS: We report the largest dystrophinopathies mutation dataset in Japan from a national patient registry, "Remudy". This dataset provides a useful reference to support the genetic diagnosis and treatment of dystrophinopathy.

日本語要旨:

[背景]ジストロフィノパチーはDMD遺伝子変異により生じる進行性の遺伝性筋疾患である。なかでもデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)は、小児期発症の筋ジストロフィーの中で最も頻度が高い。DMD遺伝子変異は7割がエクソン単位の欠失・重複であり、これらの変異はMLPA法により診断がつく。残りの3割である点変異または微小な挿入欠失の検出には、シークエンス解析が必要である。近年、遺伝子治療の開発が進んでおり、遺伝子情報に加えて臨床症状、免疫染色などの情報をあわせたデータベースが重要である。[対象・方法]日本人の患者レジストリー(Registry of Muscular Dystrophy: Remudy)において、2009年7月から2017年3月までに登録された1497例のジストロフィノパチー患者データを使用。[結果] 変異の内訳はエクソン単位の欠失 61%、エクソン単位の重複 13%、ナンセンス変異 13%、微小欠失 5%、微小挿入 3%、スプライス部位の変異 4%、ミスセンス変異 1%であった。エクソン単位の欠失では、エクソン45-52領域がホットスポットであり、42%をしめていた。一方、エクソン単位の重複では、エクソン3-25領域に47%が集中していた。微小変異371例の分布では、明らかなホットスポットはみられなかった。 [結語]日本におけるジストロフィノパチーの大規模な遺伝学的、免疫組織化学的データ情報をまとめた。このデータベースは今後ジストロフィノパチーの遺伝学的診断や治療において有用である。

PMID:  28859693

前ページへ戻る

PAGE TOP